2010/06/04

『イージー・ライダー』より

イージー・ライダー』に“第3の男”として登場するジャック・ニコルソンが放つ一言。
Jack_2 

Jack Nicholson :
They're not scared of you. They're scared of what you represent to 'em.
やつら、君らを怖がってるんじゃない。君らが象徴するものを怖がってるんだ。

Dennis Hopper :
Hey, man ! All we represent to them is somebody who needs a haircut !
おいおい、俺らが象徴してんのは、ただの髪の伸び過ぎた男だぜ。

Jack Nicholson :
Oh, no. What you represent to them is freedom.
違う。君らが象徴してるのは、“自由”だ。

***

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

2010/05/25

北野武著「全思考」より

Zensiko
北野武の頭の中は理系の発想に満ちており、脚本を書いているときにも、まるで因数分解を解いているような気分に囚われることがあるそうだ。その具体例について、著書「全思考」(幻冬舎)ではこのように明示されている。

「殺し屋と銃をx、警官をabcdeとする。
普通の銃撃戦を数式で表せば、こうなる。
ax+bx+cx+ex
これをxで括ったら、どうなるかと考えるわけだ。
答えは次の通り。
x(a+b+c+d+e)
映画の表現に直せば、こういう感じになる。
最初のシーンで、銃を持った殺し屋が、道の向こうから歩いてくる。
通りには、警官隊が隠れている。
次のシーンは、その通りを去っていく殺し屋の後ろ姿だ。
通りのあちこちには、aからeの警官が死んで倒れてる。
一発も弾を撃つシーンはないんだけど、こういうやりかたでも、
銃撃戦と殺し屋の腕を表現できるわけだ」

なるほど!と思った。というのも、最新作『アウトレイジ』(拙ブログのレビューに飛びます)は、まさに殺し合い、潰し合いの因数分解だったからだ。この映画はそれ以上でもそれ以下でもない。

カンヌで賛否両論にさらされたとき、とある海外レビューに「結末に驚きが欠ける」という言及を見つけた。確かにそう感じる人もいるだろう。でも、北野武と同じく因数分解が好きな人ならば、最後に手にする答えが単なる無味乾燥な数式でしかないことを知っている。むしろ、ああでもない、こうでもない、と地道に歩を詰めていく過程にこそ、その喜びが詰まっているはず。

さて、この映画、日本でどう受け止められるんだろう??

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

2010/05/16

マイク・リー監督のコメントより

少々気難しいところもある英国のマイク・リー監督。カンヌの記者会見では質問への回答を拒否する場面も見受けられたそう。でもすべての答えはこのコメントにこそ込められているような気がするのです。

Mike_leigh_2 

"I would suggest the film doesn't, as it were, have solutions, as you say it, simply I hope raises feelings to have about how we deal with life."

この映画はよく言われる“解決法”など指し示してはくれません。私がただ願うのは、本作が「いかに人生と向き合うか」を見つめるために、感情を高めてくれることです。

カンヌのコンペ部門に出品されている"Another Year"は、四季の移り変わりを通して中年男女の愛と孤独、そして彼らが失い、かつ変わりゆくものについて描いた作品だそう。今回も人生の紆余曲折に翻弄されるごく“普通の人々”に視線を注ぎます。

96年に『秘密と嘘』でパルムドールを手にした彼だけに、今回も注目が集まっています。

**********

↓このブログが参考になったらクリックをお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

2010/05/14

『ウォンテッド』より

Wanted
Acting for five minutes like Janice(the boss) doesn't make all our lives miserable is the hardest work I'll do all day.

いい上司を持って幸せという演技は、たとえ5分でも耐えがたい
(上司に接する5分間、彼・彼女が社員の日常をみじめにしているのではないように演じるのは、一日中直面せざるを得ない最もハードな仕事だ)

ウェズリー・ギブソン

↓このブログが参考になったらクリックをお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

2010/05/13

『その名にちなんで』より

数年前、もしかすると『ハリー・ポッター』を撮るかもしれなかったインド出身の女性監督ミラ・ナイール。彼女の渾身の作品にして、インドからアメリカへ渡り住んだ家族の物語『その名にちなんで』(原題"The Namesake")より一言。
Thenamesake_3   

My grandfather always says that is what books are for.
To travel without moving an inch.

祖父の口癖は「だから本がある」
居ながらにして旅に出るために

アショケ・ガングーリ(父)

↓このブログが参考になったらクリックをお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

2010/05/09

『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』より

Death_funeral
Life isn't simple, it's complicated.  We're all just thrown in here together, in a world full of chaos and confusion, a world full of question and no answers. Death always lingering around the corner, and we do our best. We can't only do our best, and my dad did his best.

人生は簡単にはいきません。実に複雑です。
誰もがこの混沌と混乱の世の中に生まれ落ちました。
謎だらけでひとつも正解のないこの世界に。
死は常に我々の周りで身を潜めています。
だから我々は精一杯生きる。
それしか術はありません。
父がそうしたように。

ダニエル・ハウエルズ(長男)

↓応援どうぞよろしくお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

2010/05/04

『アバター』より

Quaritch_2

If there is a hell, you might want to go there for some R&R after a tour on Pandra.

この世に地獄があるとしても、パンドラと比べりゃリゾートだぜ。
(もし地獄があるなら、パンドラめぐりのあとにそこで休暇を取りたくなるだろうよ)

マイルズ・クオリッチ大佐

R&R・・・Rest&Recreation 米軍で言うところの保養休暇

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

2010/05/03

『バットマン』より

Joker02 I'm only laughing on the outside. My smile is just skin deep.
If you could see inside...I'm really crying. You might join me for a weep.

おれの笑顔は見せかけだけだ。ほんのツラの皮一枚の笑いでね。
その下で、ほんとは泣いてるんだ。きみも一緒に泣いてくれ。

ジョーカー

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

2010/05/01

「アクターズ・スタジオ~マット・デイモン編」より

Actorsstucio_2「昔からずっとミッキー・ロークのファンだった。『レインメーカー』で念願の共演が叶ったとき、彼は新人の僕をセット裏に連れ出してこう言ったんだ。『いいか、絶対オレみたいになるな。時間を守り、周囲に対して常に謙虚であれ。俺は若い頃にそれを怠った。。。君はオレとは違って若いんだし、それにいま、凄いチャンスをつかんでるんだよ』」

| | トラックバック (0)

2010/04/27

『マン・オン・ワイヤー』より

Manonwire_2You have to exercise rebellion. To refuse to tape yourself to the rules, to refuse your own success, to refuse to repeat yourself, to see every day, every year, every idea as a true challenge. Then you will live your life on the tightrope.

反骨精神を持たなくちゃ。規則に縛られるのを阻み、社会的地位を阻み、同じことの繰り返しではなく、毎日、毎年、あらゆるアイディアを真の挑戦として受け止める。そうすることで、人生は綱渡りになる。

フィリップ・プティ

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

50音順タイトル | awards | BOOKS | memo | NEWS | TOP | trailer | WORDS | 【Hero】 | 【my French Film Festival 2011】 | 【おいしい映画】 | 【お年寄りが元気!】 | 【アート×映画】 | 【クラシック音楽はお好き?】 | 【ドキュメンタリー万歳】 | 【メモ】英国王のスピーチ | 【レビュー】 | 【劇場未公開作】 | 【劇薬!】 | 【地域:TOKYO発】 | 【地域:アジア】 | 【地域:中東発】 | 【地域:仏国発】 | 【地域:北欧発】 | 【地域:南米発】 | 【地域:英国発】 | 【学園という名の社会】 | 【宇宙で逢いましょう】 | 【家族でがんばる!】 | 【文芸】 | 【新感覚アクション】 | 【映画×スポーツ】 | 【映画×偉人】 | 【生きるためのファンタジー】 | 【監督:クリント・イーストウッド】 | 【監督:ジョー・ライト】 | 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 | 【紛争】 | 【素晴らしき、黙示録の世界】 | 【脚本:ピーター・モーガン】 | 【音楽×映画】 | アウシュヴィッツ訪問 | イベント、取材 | クエンティン・タランティーノ | ジョゼフ・ゴードン=レヴィット | スティーヴン・キング | スティーヴン・スピルバーグ | 一言レビュー | 今年のベスト | 今年のベスト(2013) | 今年のベスト(2006) | 今年のベスト(2007) | 今年のベスト(2008) | 今年のベスト(2009) | 今年のベスト(2010) | 今年のベスト(2011) | 今年のベスト(2012) | 全米BOX OFFICE | 再起復活ベン・アフレック | 旅の記録 | 映画業界